アウトプット型講座募集 [構造]

今回は2/22(土)に行われる講座の内容についてになります。
その前に前回の法規の講座について簡単に振り返っていきます。

スポンサードリンク

法規の講座の振り返り

前回の講義は1/25(土)に新宿で行いました。
14名の申し込みがあり、皆さん時間通りに集合してくれたのでスムーズに講義を開始することができました。

しかし、講座の内容が建築基準法全16単元を一日で解説するという内容だったので、私がしゃべっている時間が長くなってしまいました。
内容的にはなるべくコンパクトにまとめて伝えたので、中身は濃いものになったと思っていますが、本来私が行いたかった「アウトプット重視」というものとは程遠いものとなってしまいました。

この経験を活かして、少なくとも講義を2回に別けて個別指導を強化したほうが、やった内容の理解度も向上すると思うので、今度法規の講座を行う時は単元を厳選したいと思います。

構造の講座について

構造の講座は私が担当するのではなく、速学の構造解説担当の先生にお任せします。
すでに講座の前に、どのような講座にするのかの打ち合わせを3回ほど行って、講義で扱う問題を厳選しています。

私は構造の計算問題がすごく苦手でしたが、実際に個別指導を直接受けて、手順さえしっかり身につければ簡単に解けることを実感しています。
その手順も、ポイントを抑えているのでとても理解しやすく覚えやすいものになっています。

打ち合わせで教わった内容は、構造の先生の紹介を含めて、まとめ記事をこのブログにて近日中に書きたいと思っています。

どのような方に参加してもらいたいかといいますと、

①構造計算の基礎知識から丁寧に教わりたい方

②構造計算の手順を頻出問題ごとにマスターしたい方

③構造計算の問題で解説等を読んでもわからないところを質問したい方

となります。

特に基礎から丁寧に教わりたいという方に対して、順序を立てて一から教えていくことを重視した講座となっています。

基礎知識や基本問題をマスターしている方にとっては、あまり参考にはならないかもしれません。
ですが、上記の3つのポイントにあてはまる方はぜひ参加してください。
ものすごく丁寧に基本から解説していきます。

そして講座の当日は私も参加して、構造計算を勉強したいと思っています。
講座の後半には個別指導の時間をたっぷりとりますので、環境や法規での質問や、勉強に関する相談なども私に話して頂ければ受け付けます。

構造の講座内容

日程:2/22(土)

場所:東京都 中央区 八丁堀 3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館 703号室

内容:静定ラーメン、3ヒンジラーメン、断面に生じる応力度とひずみ度、不静定構造物、崩壊荷重、トラス、部材の変形

参加方法等、詳しくはこちらから

構造計算は手順さえ理解してしまえば、文章題より簡単に得点できます。ぜひこの講座を機会に計算問題を得点源にしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする