法規 用途地域について

今回は用途地域について解説していきます。 この分野は、法別表第2を開いて調べることが出来れば確実に得点できます。 ですが、令の130条になにが書いてあるのかを理解していないと、 問題を解くのに時間がかかってしまいます。 また、全体像を把握しておくことで、調べなくても答えが解る問題も多くあります。 それらを整理しておくことがとても重要なことです。

法規 定期報告について

今回は特定行政庁に定期報告が必要な建築物について詳しく解説していきます。 条文を読み解こうとしたとき、解釈の仕方によって間違える場合があります。 正しく条文を理解しておくことで、確実に正解出来るように、練習しておきましょう。

「忘れる」 と 「覚える」

2月に入り試験まであと半年を切りました。 毎年の受かっている人の傾向として、この時期に自分の知識の整理を始めています。 今日は、その知識の整理とはなんなのかを少し解説していきます。

法規 内装制限

今回は内装制限について解説していきます。 この項目は手順を覚えれば絶対に得点できるところです。 覚えることも少ないので、しっかり法令集の引き方を覚えましょう。

法規 防火区画

今回は防火区画について詳しく解説していきます。 この項目は全体の構成を理解することで、間違いや勘違いを無くすことが出来ます。 覚えるべきところをしっかり把握して、早引きを練習しましょう。

防火地域及び準防火地域

今回は耐火建築物、準耐火建築物にしなければならない建築物を見ていきましょう。 判断の仕方は決まっているので手順をしっかり覚えて練習すれば確実に得点できる項目になります。 法令集をうまく活用すれば覚えることも少ないのでこのブログでポイントを押さえていきましょう。

計画 集合住宅の分類

計画は覚えれば答えられる問題が多いです。 それぞれの特徴をしっかり理解して記憶に残る覚え方を心掛けましょう。 今回は集合住宅の種類をいくつか紹介します。 その違いをキーワードを上げながらポイントを抑えましょう。

環境 圧力差、風力、温度差換気

今回は換気の式について詳しく解説していきます。 取り上げる式はみんな難しいものばかりです。 ですが、式の意味を理解してしまえば実はそんな難しいことは問われません。 しっかりそれぞれの式の言いたいことを考えて覚えていきましょう。

環境 伝熱について

今回は伝熱について詳しく見ていきます。 詳しく勉強していくと、すごく難しい分野になります。 ですので試験で問われた時になにを理解していれば答えられるのか、 ポイントを絞ってイメージしやすいように解説していきます。