速学式 アウトプット型テキスト [環境]

今回は私が作成したアウトプット型テキストについて、その使い方を詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

アウトプット型教材の使い方

アウトプット型テキストの利点

記憶の定着:記憶は思い出す回数が多いほどスムーズに引き出すことが出来るようになります。このテキストでは様々な角度から思い出すタイミングを設け、自然と用語・数値が身につくように構成されています。

現象のイメージ:基本的な知識をしっかりイメージできるように、図や表でわかりやすくまとめ、ポイント解説を各項目に書き込んでいます。どのようにイメージしたらよいのかを詳しく解説していますので、始めは図と一緒にポイント解説を読み込んでいきましょう。

繰り返し学習:何度も繰り返し利用できるように構成しています。ちょっとしたスキマ時間にも穴埋め問題を利用してアウトプットを行うことができます。

アウトプット型テキストの使い方

①青で囲っているポイント解説を読み、図をイメージ出来るようにする。図をノートに一度書き出してみる。頭の中でイメージするだけではなく、身振り手振りを加えることで記憶の定着を向上させる。

②太字、赤字部分を中心に読む。一文をしっかり読んだら、穴埋め(テキスト)に挑戦してみる。穴埋めは基本書き出さない。時間をかけずに音読してスピードを意識する。

③すぐに穴埋め部分を思い出すことができない場合は、すぐに答えを確認する。声に出してスムーズに読めるようになった段階で、暗唱できるか試してみる。

④1問1答に挑戦する。自分のノートに書き出し、答え合わせをする。解説を見てもわからないものだけ、テキストに戻って確認する。

⑤穴埋め問題を行い、理解度をチェックする。次に復習をするときに、毎回整理をすることを心掛ける。

⑥前の項目の復習を簡単に行う。違う項目の問題に一度ふれることで、記憶を呼び起こして答えられるのかを確認する。

繰り返し学習をする上でのポイント

①きちんと時間を計る。何度も繰り返す中で効率を向上させることを常に意識する。

②悩まない、思考を止めない。すぐに思い出せない状態はまだまだアウトプット不足。

③とにかく繰り返す。覚えたものが増えれば自ずと理解は後からついてくる。理解度は全体的に向上させるイメージで学習を行う。

④最終的に現象がイメージできているかを確認する。言葉を思い出す時に図がきちんとイメージできていることが理想。

アウトプット型テキストの販売

範囲:環境・設備 前編(環境工学)/後編(環境設備)

内容:テキスト、ポイント解説、穴埋め(テキスト)、1問1答問題、穴埋め問題、解説

他にも、法規や構造力学のテキストも販売しております。
料金やお申込み方法など詳細につきましては、速学内のお申込みページをご覧ください。

速学式アウトプット型テキストのサンプルを無料でダウンロードすることができます。

一度、おすすめした学習サイクルを試してみましょう。
自分の学習の速度が向上したことを実感して頂けると思います。

アウトプット型テキスト(サンプル)

速学 一級建築士の学習Webサービス

一級建築士学科試験に合格するための、
効率的な学習Webサービス「速学を運営しています。

無料でお試しができるので、ぜひご利用ください。

速学ロゴ

Webテキストと紙のテキストも好評販売中!
詳細はこちらから。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする