自己分析の仕方

試験まであと1か月程度になりました。 限られた時間の中で、何をやるべきなのか、 自分が受験生だったときにやっていたことと、 今まで教えてきた生徒たちがこの時期に何をやって合格したのか。 ポイントを絞って話していきます。

環境 色彩について

今回は色彩について詳しく解説していきます。 色彩については、実際の色を見てイメージするのが一番です。 私なりにポイントをまとめてみたので参考にしてくだい。

法規 構造強度について

今日は構造強度について詳しく解説していきますが、毎年生徒に教えていても一度では理解できず、難しい項目だと感じている方が多いように思えます。 しかし、毎年問われている内容をみても、基本的な知識さえあれば解ける問題しか出ていません。 解き方の手順を覚えてしまえば、確実に得点できる項目になります。 しっかり内容を理解して学習を進めましょう。

私が思う理想的な講義とは

今日は日頃私が感じている講義の仕方について考えていきたいと思います。 将来的に私は、自分の思う一番効率の良い講義を実現してきたいと考えています。 勉強の仕方について、日頃の悩みや思いがある方はぜひ参考にしてみてください。

環境 遮音と吸音について②

今回は吸音について詳しく解説していきます。 前回の遮音に関する知識と比べながら、なにが違うのかを理解することがとても重要なことになります。 高音域、低音域の特性と合わせて整理していきましょう。

環境 遮音と吸音について①

今回は音響の分野から遮音ついて、その特徴を整理していきたいと思います。 しっかり理解していないと、勘違いしてしまう現象でもあるので、 基本的な音の性質をイメージしながら覚えるようにしましょう。

環境 音響について

今回は音響について基本的な性質を中心に解説していきます。 音は目に見えない現象なのでイメージするのが難しい分野ですが、 基本的な性質を理解することで、イメージもしやすくなります。 普段生活している中での身近な音をイメージしながら覚えましょう。

法規 容積率の計算について

今回は容積率の計算について詳しく解説していきます。 計算手順を覚えてしまえば、そんなに難しい計算はありません。 問題文からしっかり情報を読み取れれば確実に正解出来ます。 どういうことに注意したらいいのかを過去問を通して見ていきましょう。

法規 用途地域について

今回は用途地域について解説していきます。 この分野は、法別表第2を開いて調べることが出来れば確実に得点できます。 ですが、令の130条になにが書いてあるのかを理解していないと、 問題を解くのに時間がかかってしまいます。 また、全体像を把握しておくことで、調べなくても答えが解る問題も多くあります。 それらを整理しておくことがとても重要なことです。

法規 定期報告について

今回は特定行政庁に定期報告が必要な建築物について詳しく解説していきます。 条文を読み解こうとしたとき、解釈の仕方によって間違える場合があります。 正しく条文を理解しておくことで、確実に正解出来るように、練習しておきましょう。